海の近くが好きなのだと思う。

横浜でアトリエを構えた時も豪州メルボルンに旅をして港の独特の雰囲気がたまらなく好きで
帰国後すぐに港町の物件を探した。

もう壊すから。でも貸して。
優しい理解のあるオーナーさん。

その頃の馬車道周辺は閑散としたオフィス街でそこここに古い趣きのあるビルが多く
訪れる人もどこかほのぼのとしていい雰囲気。

港町の散歩。

時折聞こえる船の汽笛。

イメージはメルボルンのWOODBOATの帆
揺らぎながら着る人の個性に沿って育つ。